1. >
  2. >
濡れた唇 ~ヴァンパイア子爵のとろけるデザート~

LUNA文庫

濡れた唇 ~ヴァンパイア子爵のとろけるデザート~


立ち読みする

Powered by BOOK☆WALKER

500円(税別)
※参考価格です。販売価格はストアによって異なります。

▼ご購入はこちら

他人の“心の声”が聞こえてしまうリリスは、

その不思議な能力故に幼いころから両親に疎まれ、

固く心を閉ざして声を出すのをやめてしまった。

 

そんなリリスを不憫に想う祖母は、

リリスを連れて旧知の医師の元を訪ねる。

そこでリリスが出逢ったのは

氷のような美貌を持つ若き子爵・ファビアンだった。

 

医師のエリックの治療方針で、

リリスはファビアンの湖畔の屋敷に預けられ療養することに。

エリックからは治療を、ファビアンからは淑女教育を受けながら、

リリスは美しいレディへと成長してゆく。

 

そして十八歳になったある日、

リリスはエリックから妻にしたいと申し出られる。

しかしずっとファビアンだけを見つめてきたリリスは……。

 

▼著者紹介

アドウマドカ

夏は断捨離、冬は模様替え、常に家の中をごそごそやっている片づけオタク。

がらんとした部屋で読書三昧、映画三昧するのが夢。原稿は早朝派、かたわらにはアイスコーヒー。