1. >
  2. >
敏腕編集者はSで策士で溺愛系!? (LUNA文庫)

LUNA文庫

敏腕編集者はSで策士で溺愛系!? (LUNA文庫)


立ち読みする

Powered by BOOK☆WALKER

500円(税別)
※参考価格です。販売価格はストアによって異なります。

▼ご購入はこちら

愛猫たちと暮らす相川耀子は、自宅に引きこもってロマンス小説の翻訳を生業としている。

原稿はデータで送ればいいし、編集者ともスマホのメッセージでだいたい事足りている。

 

その編集者が産休に入ることになり、紹介された後任は成瀬響という若いイケメンだった。

しかし、イギリス留学中に金髪碧眼のイケメンに遊ばれたことがトラウマとなった耀子は、

実はイケメンはむしろ苦手。

 

それなのに成瀬は耀子の家を訪ね、食事の世話から猫の世話まで、

ズボラな耀子の身の回りを一手に引き受けることに。

 

成瀬のペースに巻き込まれながらも耀子の原稿は順調に進んでついに脱稿の日を迎えた。

お祝いにと用意された食事とワイン。

 

ついつい飲みすぎて、気がつけば成瀬の熱と男性的と言える匂いを身体で感じている。

「今、何されてるか……ちゃんとわかってる?」