1. >
  2. >
転職先はベッドの上!? カリスマ建築家の抱き枕になりました (LUNA文庫)

LUNA文庫

転職先はベッドの上!? カリスマ建築家の抱き枕になりました (LUNA文庫)


立ち読みする

Powered by BOOK☆WALKER

500円(税別)
※参考価格です。販売価格はストアによって異なります。

▼ご購入はこちら

予期せぬ事情により職も住む場所も失ってしまった涼音は、

ついさっき出会ったばかりの男と二人、タクシーに乗っていた。

モデルのように美しい横顔をした男は、

涼音の先輩が紹介してくれた若手建築家・明成。

今夜泊まる当てさえもない涼音を自宅に泊めてくれるというのだ。

 

「自分は不眠症で眠れないから、ベッドを使ってくれて構わない」

その言葉を信じ、明成のベッドで眠りに着いた涼音。

しかし翌朝目覚めてみると、目の前で明成が眠っていた。

しかも、彼の腕は涼音の背中に回っていて……!?

 

「俺専属の抱き枕として、うちに住み込みで働けばいい」

状況を飲み込めぬまま呆然とする涼音に明成から告げられたのは、

あまりにも突拍子もない提案だった。

 

成り行きで手にした”抱き枕”としての職。

イケメン建築家の腕に抱かれて眠る毎日は、ときめきと緊張の連続!

”抱き枕”としての存在価値を買われている以上、

邪な感情は抱いてはいけない。

そう自分に言い聞かせていたはずなのに、

涼音の心は徐々に、明成へと向いてしまい……!?