1. >
  2. >
副業「美人バーテンダー」ですが、完璧エリート上司がなぜか常連になってしまいました。〜私だけが知っている夜のあなた〜 (LUNA文庫)

LUNA文庫 / 新刊案内

副業「美人バーテンダー」ですが、完璧エリート上司がなぜか常連になってしまいました。〜私だけが知っている夜のあなた〜 (LUNA文庫)


立ち読みする

Powered by BOOK☆WALKER

500円 (税込:550円)
※参考価格です。販売価格はストアによって異なります。

▼ご購入はこちら

副業「美人バーテンダー」として働いてたら、会社のエリート上司の「裏の顔」を知ってしまい…!?

 自動車株式会社の広報課に務める宮永葉月は、父が経営するカクテルバーで、美人バーテンダー『ハル』として週末の夜だけ働いている。いわゆる副業。普段は地味な葉月だが化粧を施すと色気のある美女に変身し別人となるのだ。
 ある土曜日、『ハル』としてカウンターに立った葉月だったが、入店してきた客に目を丸くする。その客は、隣の部署、第二広報課のエリート課長・藤森要だったから。『ハル』の正体に気付かない藤森は、会社では見せない表情を葉月に沢山見せてくれる。そして『ハル』として接客するうちに距離が縮まっていき…。