1. >
  2. >
国王陛下は悪役令嬢が愛しくて仕方ない (LUNA文庫)

LUNA文庫 / 新刊案内

国王陛下は悪役令嬢が愛しくて仕方ない (LUNA文庫)


立ち読みする

Powered by BOOK☆WALKER

500円 (税込:550円)
※参考価格です。販売価格はストアによって異なります。

▼ご購入はこちら

「アネット……後で、君の部屋に行ってもいいか?」奔放な女性を演じるアネットは、次期国王アルブレヒトにそう問われて……。

 婚約破棄したばかりの美女は男性たちと愉快に談笑していた…。彼女の名はアネット。コンラート伯爵家の令嬢だ。教養も兼ね備えたアネットに求婚者は絶えないが、彼女の自由な振る舞いに冷ややかな視線を向ける者も。そんなアネットには密かに誓っていることがあった――。それは大事な友人であるソフィアよりも先に結婚して幸せにならない、ということ。アネットはわざと周囲から批判されるよう振る舞い、ソフィアを引き立たせようとするも上手くいかない。
 とある晩、ソフィアの魅力が分からない男ばかりと、独りつぶやいていると、アルブレヒトという美しい男性に声を掛けられる。手の甲へキスされた瞬間、今まで抱いたことのない感情に気づくアネット。この出会いの後、アネットは王妃の侍女として宮廷に出仕するよう命じられる。宮廷に赴くとそこにはアルブレヒトの姿が! 混乱するアネットだが、彼が次期国王であると知らされる。さらに突然キスまでされてしまい…。次期国王アルブレヒトは相当な遊び人と噂されていたのだが……!?