1. >
  2. >
夫なんていりません! 女王陛下の秘密の妊活 (DIANA文庫)

DIANA文庫 / 作品一覧

夫なんていりません! 女王陛下の秘密の妊活 (DIANA文庫)


立ち読みする

Powered by BOOK☆WALKER

500円 (税込:550円)
※参考価格です。販売価格はストアによって異なります。

▼ご購入はこちら

二度目の婚約破棄で自信を失った女王フェイリール。結婚せずとも子は成せると、補佐官エリクに秘密の妊活計画を打ち明ける――

 その日の女王フェイリールのお茶会の主賓は、婚約者のケネス王子。なかなか姿を現さない王子を心配したフェイリールは、自ら王子の様子を見にいくことに。だが、その途中フェイリールは、王子と妹のアデリアが睦み合っているところを目撃してしまう。開き直る二人に、女王はケネス王子との婚約破棄を宣言、アデリア王女には修道院行きを命じるのだった。
 女王を戴くミレンス王国を統べるフェイリールの婚約破棄はこれで二度目。さすがに女性としての自信を失いかけている。自分は結婚には向かない。その呟きを聞いてしまった政務補佐官のエリクは、あきらめるのは早い、世継ぎを産むのは女王の責務とフェイリールを諭そうとする。ならば結婚せずとも子を成せばよい、父親など誰でもよいと言いだす女王に戸惑うエリクだったが、女王の命で計画に手を貸すことになる。
 だが、計画は暗礁に乗り上げてしまい、フェイリールは手詰りに……と思いきや、フェイリールは目の前のエリクに世継ぎの父親にと指名するのだった――